NEW TOPICS

気になる塗装

塗料の入った缶

実は意外にも日本の外壁塗装の歴史は外国と比べると短いもので、現代の外壁塗装もまだまだ改良の余地があります。このことから、外壁塗装の今後に注目が集まっているのです。

もっと見る

修理の色々

オレンジ色の服の人

劣化してきた住まいには雨漏りを始め、色んなことが見られます。これらの異常状態は修理をすることで解決することが出来ます。修理にはその箇所の工事だけでなく外壁塗装も含まれています。

もっと見る

水色と赤の塗装

Featured Articles

必要性と価格

様々な色の塗料

どうってことないのになぜ外壁塗装をすることが必要なのか、と疑問に思っている人もいます。これには耐久性だけでなく、健康被害や見た目にも大きく関係しているからです。

もっと見る

現代までの傾向

外壁塗装を埼玉でお考えなら業者選びにご利用ください!口コミで評判が高い所ばかり集まっていますよ。

外壁塗装における金額の傾向について

外壁塗装は住宅において、単なる外観のためだけではなく様々な機能性を持たせたり、また周辺環境への配慮が考慮された景観という意味合いも持つようになってきています。それにより、単なる吹き付け作業で終わることは少なく、どのような塗料を使用するのか、どのように施工するのかを求められるようになってきています。 そのために、費用の方もそれなりに必要となってきています。例えば断熱効果や防火効果を持たせた塗料を使用したいとなれば、それなりの予算を掛ける必要があるというわけです。リフォーム工事の一部として、簡単に済ませるというケースは少なくなってきているわけです。それによって外壁塗装を行う業者も、その技術力をいかにアピールするかを問われるようになっています。

これまでの歴史について

外壁塗装はこれまで単層、いわゆる一度塗りにおける作業で済ませるケースが多かったものです。費用の安さがその理由となりますが、同時に耐久力の低さからこまめに塗り直しが必要となり、また防水処理も必要となったものです。 現在では単層塗装の場合には、塗料に防水性を持たせて厚塗りするなどの工夫が必要となっています。また、何重にも塗る複層による外壁塗装においても、その下地処理でいかにしっかりと防水処理を行っているかが必要とされるようになっています。さらには様々な特徴を持つ塗料が開発されていて、建物をいかに守るかが課題となり断熱性や防水性が高められる傾向にあります。そして耐久力の向上と、汚れの付きにくさも求められるようになってきています。